“振り幅”を大切にしたい

ライフスタイル
この記事は約2分で読めます。

コロナ禍では、リモート会議やPCとにらめっこしながらのデータチェック・分析業務も増えているという話をよく聞きます。私も同様です。

そのような環境だからこそ、自然の中での原始的な経験が、本業にも副業にも、あらたな取り組みの発想につながるように感じます。

 

自然のものに触れることは

本来の感覚を生かすこと

 

暮らしに野遊びを取り入れることで、仕事にも人生にも“振り幅”が広がるように感じます。

ある日は大自然の中早朝ヨガをしてからのリモートワーク。

ある日は朝のうちに全集中で仕事を終え、午後は子どもたちとラフティングへ。

断崖絶壁の中のラフティングはまるで冒険映画のよう。

綺麗な川にはニジマスやオショロコマ、アメマス、イワナなどが住んでいて、ラフティングしていても魚が見えるくらいです。

子どもの目に映る働く姿

先日、息子の小学校で「働く」をテーマとした作文を書く機会がありました。

母の仕事について書かれた作文の最後の方に

「僕のお母さんはたくさん働いて、たくさん遊んでいて、いつもとても楽しそう」と書かれていました。

仕事の時は徹底的に働く。

遊ぶときはとことん遊ぶ。

大変な姿も、楽しそうな姿も、子供たちには極力全部見せたいと思います。

自然の中で心を育む時間。

これからも大切にしていきます。