子どもの「好き!やりたい!」を応援~食育を大切に 

子育て
この記事は約2分で読めます。

自然への感謝と愛情、自然の中で育まれる心の豊かさ

体験を大切にして子育てをしています。
体験して、感じて、考える。

土の匂い、葉の青臭さ、農場の空気を胸いっぱいに吸い込みながら採れたての野菜を味わう贅沢さ!

昨年は私自身にとっても人生はじめての“ごぼう抜き”を体験し、あれほど抜くのが大変な野菜とは知らず、抜けた時の喜びはひとしおだったことを思い出しています。

アクの少ないサラダ用の牛蒡なので生のままかじっても素朴な甘さが美味でした。
“「むかご」拾い競争”では楽しくおしゃべりしながら拾う息子よりも集中型の娘の勝ち。バターで炒めてお塩をふれば、とっておきのおつまみに。
免疫力をあげるべく、太陽の下、畑の中で過ごしていました。

農家さんが愛情をかけて作物を育てられている様子を目の当たりにして、子供たちの好奇心もさらに育まれたように思います。
あたたかな交流の中で育まれる優しさ。子供たちの成育に大切なものが全てこの自然の中にあるようにも感じられます。

親の大事な役目は子どもを信じること 好きなことやりたいことをどんどん応援すること

「僕は大丈夫」「僕はきっとできる」
子どもたちの自己肯定感も自己効力感も、一緒に取り組んで、声をかけて、大事に育んでいけるよう心掛けています。

成長の過程において子供との関わり方は変化していきますが、誰よりも可能性を信じる一番の応援者だと、自信をもって言える母親であること。それだけはこれからも変わらずにいたいんです。

人生の中で限られた子育て期間。
できる限り一緒に取り組みたい。子供以上に夢中になってワクワクしていたいと思います。

今年も獲れたて野菜の収穫に、キャンプ。日の出を眺めながらのアーシングに、アウトドア料理。
やりたいことをめいいっぱい詰め込んでずっと笑っていたいと思います。

本業の「食育」の経験で培ってきたものを今後は子供たちの未来のためにも役立てていきたいと思っています。そうやって地域全体を明るく元気にしていけたらと願っています。